住設機器アフター連絡先一覧


リフォームの動機として、設備機器の老朽化に伴うトラブルで決心する方も多いです。
特に冬の札幌では暖房機器のトラブルは緊急性が高いです。
機器的要因の場合は製造メーカーのアフターサービスに依頼するのが一番早いです。
機種名・製造番号・年式・トラブルの症状(エラー番号)等を控えて連絡してください。
各メーカーはコールセンターで一元管理して、最寄のサービス店に連絡をして、その後サービス店より直接電話で日時などを打合せして修理に来てくれます。
保証期間外でも(有料)対応してくれますので安心して連絡してください。
修理状態などは今後のリフォーム計画に役に立つ貴重な情報なので、しっかり確認することをお薦めします。

TOTO  メンテナンス修理受付窓口
フリーダイヤル 0120 - 1010 - 05 年中無休 9:00〜20:00

パナソニック電工  修理相談センター
フリーダイヤル 0570 - 081 - 365 年中無休 9:00〜20:00

INAX  修理受付センター 
フリーダイヤル 0120 - 1794 - 11 年中無休 9:00〜22:00

サンウェーブ
フリーダイヤル 0120 - 0000 - 72 平日 9:00〜20:00、土日祝 9:00〜18:00

クリナップ  カスタマーセンター
フリーダイヤル 0120 - 126 - 174 平日 9:00〜20:00、土日祝 9:00〜18:00

タカラスタンダード
フリーダイヤル 0120 - 557 - 910 平日 9:00〜18:00

ノーリツ
フリーダイヤル 0120 - 977 - 026 年中無休 24時間

コロナ  サービスセンター
フリーダイヤル 0120 - 919 - 302 平日 9:00〜19:00、土日祝 9:00〜17:00

リンナイ  お客様センター
フリーダイヤル 0120 - 054 - 321 年中無休 24時間

三菱電機  お客様相談センター
フリーダイヤル 0120 - 139 - 365 年中無休 24時間

東芝機器  
フリーダイヤル 0120 - 104 - 841 年中無休 24時間

日立  日立アプライアンス
フリーダイヤル 0120 - 649 - 020 年中無休 24時間 

posted by (株)高橋建築事務所 at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 緊急修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水道が凍結したら


冬は寒さが厳しく雪が降る札幌では特有の住環境トラブルがあります。
1.屋根に積もった雪の落下によるトラブル
2.地盤が凍結による凍上によるトラブル
3. 給水管・配水管の凍結によるトラブル

特に多いのは温暖な地域ででは考えられない、水道管の中の水が凍結して蛇口を開いても水が出ないというトラブルがあります。

−こんな時に凍結します−
○外気温がマイナス4度以下になったとき。
○おやすみ前や、旅行などで家を留守にするなど長時間水道を使用しないとき。
○「真冬日」(1日中外気温が氷点下の日)が続いたとき。

○軽い凍結の修理
 露出している管(保温筒などは取り外す)や、蛇口などにタオルを巻きつけ、上からお湯をゆっくりかけると、水が出るようになります。
06_15.gif

○解氷パイプが取りつけてあるとき
 キャップを上に持ち上げて取りはずし、立ち上がり管に、図のようにお湯を注ぐと床下にある管の解氷ができます。
06_16.gif
札幌市水道局HPより引用

それでも水がでない場合は専門家に依頼することになります。
解氷の方法は鉄管・銅管の場合は電気解氷器を使い、パイプにプラス極とマイナス極の大きなクリップを付けて電気を流し、水道管自体を暖めて氷をとかす方法です。
電気を通さないビニル管や、ポリエチレン管等の凍結の場合は蒸気解氷器を使用します。

札幌市水道局の指定業者224業者が加盟している札幌市管工事業協同組合は水道のトラブルを24時間365日受付して、登録している業者の中からその日の当番業者か最寄りの業者を選択し工事をしてくれる札管協修繕センターbtn_inquiry_2.jpg
緊急時のトラブルには頼りになるシステムです。

posted by (株)高橋建築事務所 at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 緊急修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする