介護保険認定による住宅改修費の支給



介護保険で要支援、または要介護と認定された方で、介護に必要な手すりの取り付け、段差の解消などの小規模な住宅改修を行う場合に、厚生労働大臣が定めた住宅改修の種類であれば改修後、改修費の9割(ただし、改修費は20万円を上限とする)の介護給付費の支給があります。

厚生労働大臣が定める居宅介護住宅改修費等の支給に係る住宅改修の種類
(1)手すりの取付け
住宅改修告示第1号に掲げる「手すりの取付け」とは、廊下、便所、浴室、玄関、玄関から道路までの通路等に転倒防止若しくは移動または移乗動作に資することを目的として設置するものである。
手すりの形状は、二段式、縦付け、横付け等適切なものとする。
なお、貸与告示第7項に掲げる「手すり」に該当するものは除かれる。

(2)段差の解消
住宅改修告示第2号に掲げる「段差の解消」とは、居室、廊下、便所、浴室、玄関等の各室間の床の段差及び玄関から道路までの通路等の段差を解消するための住宅改修をいい、具体的には、敷居を低くする工事、スロープを設置する工事、浴室の床のかさ上げ等が想定されるものである。
ただし、貸与告示第8項掲げる「スロープ」または購入告示第3項第5号に掲げる「浴室内すのこ」を置くことによる床段差の解消は除かれる。
また、昇降機、リフト、段差解消機等動力により段差を解消する機器を設置する工事は除かれる。

(3)滑りの防止及び移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更
住宅改修告示第3号に掲げる「滑りの防止及び移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更」とは、具体的には、居室においては畳敷から板製床材、ビニル系床材等への変更、浴室においては床材の滑りにくいものへの変更、通路面においては滑りにくい舗装材への変更等が想定されるものである。

(4)引き戸等への扉の取替え
住宅改修告示第4号に掲げる「引き戸等への扉の取替え」には、開き戸を引き戸、折り戸、アコーディオンカーテン等に取り替えるといった扉全体の取替えのほか、ドアノブの変更、戸車の設置等も含まれる。
ただし、引き戸等への扉の取替えにあわせて自動ドアとした場合は、自動ドアの動力部分の設置はこれに含まれず、動力部分の費用相当額は、法に基づく保険給付の対象とならないものである。

(5)洋式便器等への便器の取替え
住宅改修告示第5号に掲げる「洋式便器等への便器の取替え」とは、和式便器を洋式便器に取り替える場合が一般的に想定される。
ただし、購入告示第1項に掲げる「腰掛便器」の設置等は除かれる。
また、和式便器から、暖房便座、洗浄機能等が付加されている洋式便器への取替えは含まれるが、既に洋式便器である場合これらの機能等の付加は含まれない。さらに、非水洗和式便器から、水洗洋式便器または簡易水洗洋式便器に取り替える場合は、当該工事のうち水洗化または簡易水洗化の部分は含まれず、その費用相当額は法に基づく保険給付の対象とならないものである。

(6)その他(1)から(5)の住宅改修の付帯して必要となる住宅改修
その他住宅改修告示第1号から第5号までに掲げる住宅改修に付帯して必要となる住宅改修としては、それぞれ以下のものが考えられる。
@手すりの取付け
 手すりの取付けのための壁の下地補強
A段差の解消
 浴室の床の段差解消(浴室の床のかさ上げ)に伴う給排水設備工事
B床または通路面の材料の変更
 床材の変更のための下地補強や根太の補強または通路面の材料の変更のための路盤の整備
C扉の取替え
 扉の取替えに伴う壁または柱の改修工事
D便器の取替え
 便器の取替えに伴う級排水設備工事(水洗化または簡易水洗化に係るものを除く)、便器の取替えの伴う床材の変更

posted by (株)高橋建築事務所 at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌市住宅エコリフォーム補助制度



札幌市では、一定の省エネやバリアフリー改修工事を行う市民に対する補助制度で、札幌市内に住宅を所有(又は居住)していて、20歳以上で市税を滞納していない市民が対象です。、
《対象工事》
○ 一定の省エネ改修工事を行う方
○ 一定のバリアフリー改修を行う次の方

補助対象工事
○ 省エネ改修工事の場合
現行の省エネ基準(平成11年基準)に対応する、
次の@〜Cまでの工事のうち、@の工事又は@を含む工事
@居室の窓全ての断熱改修工事
A床の断熱改修工事
B天井の断熱改修工事
C壁の断熱改修工事

○ バリアフリー改修工事の場合
@通路等の拡幅
A階段の勾配の緩和
B浴室改良
C便所改良
D手すりの取付け
E段差解消
F出入口の戸の改良
G滑りにくい床材料への取替え

○ 上記の省エネ改修工事とバリアフリー改修工事を同時に行うこともできます。
○ 工事費が30万円以上(消費税を含む。)で、建設業の許可を受け、札幌市内に主たる営業所を有する事業者が施工することが必要です。
○エ事費及び市が定める基準工事費のいずれか少ない額の10%、最大で50万円を補助する。

詳しくは 
札幌市住宅エコリフォーム補助制
平成27年度、受付期間
年に2回受付期間を設けて募集します。
受付期間内に、申請額が予算額を超えた場合は、抽選を行います。
第1回
受付期間:5月7日(木曜日)から5月20日(水曜日)まで
第2回
受付期間:8月17日(月曜日)から8月28日(金曜日)まで

posted by (株)高橋建築事務所 at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一人暮らしには食寝分離論は不要?



ちゃぶ台(折りたたみ式座卓)って知ってますか?

建築的に説明すると、狭い空間を有効利用するために、食卓テーブル・勉強机・家事台などに利用され、空間を広く使う場合はたたんでコンパクトに収納できる万能テーブルです。就寝の時は”ちゃぶ台”を片付け布団を敷き、朝食の時は布団を片付け”ちゃぶ台”を出して食卓となります。現代の生活スタイルでは少なくなりましたが、「狭さ」と上手に付き合うアイテムとして重宝されていました。

現在の生活スタイルは、食事と就寝の場を分ける「食寝分離論」が浸透し、食事はダイニングで就寝はベットルームと個別に空間を仕切り、家族一人一人のプライベート空間を確保するために、人数分の個室をつくるプランが主流となっています。

茶の間(ちゃのま)と呼ばれていた空間は、生活の中心となる部屋で、家族が揃って楽しめるようにテレビやソファーなどが置かれ、団欒や食事をしたり、来客時は応接したりとと、多目的に利用される空間で、現在では「居間」に「食堂」の要素が加わったイメージでしょうか。プラン上日当りのよい場所にあり窓が大きく、ベランダより外に出られたり、台所とはつながっていたり、動線上使い勝手を重視し、札幌などの寒冷地では暖房の中心になっている空間でもあります。

戸建の住宅では、子供が独立や配偶者との死別などで、広い空間を一人で暮らしている高齢者の方も増えています。子供部屋や客室など使用頻度の少ない部屋は、光熱費の削減目的で暖房しないのが現状のようです。住宅内で温度差が大きいと、ヒートショック・脳卒中・風邪・湯冷め 等、体への負担を生じることがありますので注意が必要です。

生活スタイルを変えて、思い切って茶の間にベットを置いて、「居間」+「食堂」+「寝室」機能を集中させる事も可能です。”食寝分離論”には反しますが、高齢者の一人暮らしには適していると思います。ベット部分を可動間仕切りやロールスクリーン等で空間を仕切れば、来客時も対応出来ます。”高齢者の一人暮らし”は寂しいイメージがありますが、そんな事はありません!若者が憧れる一人暮らしと同じで、好きな音楽や映画を見て、趣味に没頭でき、エンジョイ出来る自分の空間です。

暖房・断熱計画の再構築、防犯性や安全性の向上を目的とした、一人暮らしに合わせた、楽しめるリフォームプランの検討をお薦めします。



posted by (株)高橋建築事務所 at 00:28 | Comment(1) | TrackBack(2) | リフォーム計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

要配慮居住者とは



平成21年8月に国土交通省の告示「高齢者が居住する住宅の設計に係る指針」が改正され、「要配慮居住者のために個別に配慮する際の指針」が追加されました。
詳しくは国土交通省のHP 高齢者が居住する住宅の設計に係る指針100008130.gif
第1 趣旨
この指針は、高齢者が居住する住宅において、加齢等に伴って心身の機能の低下が生じた場合にも、高齢者がそのまま住み続けることができるよう、一般的な住宅の設計上の配慮事項を示すとともに、現に心身の機能が低下し、又は障害が生じている居住者が住み続けるために必要とされる、当該居住者の状況に応じた個別の住宅の設計上の配慮事項を示すものである。・・・(抜粋)

要配慮居住者とは、「現に心身の機能が低下し、又は障害が生じていることにより設計上の配慮が必要な居住者」のことです。

難しい表現になっていますが、
・「高齢者が居住する住宅の設計に係る指針」は高齢者だけではない
・新築住宅にしかなかったバリアフリーの国の指針が、リフォームにも示された
・従来の設計仕様だけでなく、改修計画の手順を示している

新築住宅においては、国の方針や考え方を法令や税制・融資で誘導していますが、リフォームは誘導し難く、改修計画の手順を示しているようです。

改修計画の手順

@要配慮居住者の特性の把握
心身の状況、日常生活動作及び外出等の状況、日常生活の範囲並びに必要とする介助を把握して、心身の機能の変化が生じる可能性についても留意すること。
A住宅の特性の把握
道路との関係等を含めて敷地の特性を把握し、各室の形状及び面積、柱、壁、開口部等の位置、給排水設備等の位置、屋外と住宅の床の高さの関係等について、現況図の作成等により状況を把握すること。
B生活上の問題点等の把握
住宅における要配慮居住者の、日常生活動作及び外出等に係る問題点及び、要配慮居住者に対する介助の負担となる原因について把握すること。
C介助者・介助サービス事業者への配慮
介助動作に必要な空間や経路の確保、福祉用具等を使用する場合の配慮
D専門家の意見の聴取
必要に応じて介助者及び理学療法士、作業療法士など関係する専門家の意見の聴取を行うことが望ましい。
E複数の設計方針案を検討
生活の質を高める観点から、要配慮居住者をはじめとする居住者の意見を踏まえて、複数の設計方針案を検討してから決定することが望ましい。
F設計の反映の確認
当該部位に係る工事の施工完了後、速やかに要配慮居住者や介助者が実際に使用して確認することが望ましい。

バリアフリーの改修は、身体状況の変化によって対応しますので、1度ではなく、末永くお付き合い出来るかかりつけの専門家が大切です。
posted by (株)高橋建築事務所 at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

居間の真ん中に子供室


リフォームの動機で一番多いのは、もっと快適というキーワードだそうです。

リフォームをしたい場所は
1 浴室
2 キッチン
3 洗面所
4 トイレ
5 間取り
6 断熱・防音
7 オール電化
8 耐震
9 暖房/冷房の完備
10 インテリア    gooランキング調べ

圧倒的に水廻りで占められています。毎日必ず使う場所で痛みやすく、掃除が大変な場所で汚れが目立ち不満が多い場所で、ボイラー等機械的な交換と同時に水廻りリフォームをされるケースが多いです。以下 家族構成の変化によって間取りの変更や機能的・性能的リフォームが続くようです。

英語の reform は「改心する、改正する」もしくは「作り直す」の意である。(Wikipedia)
壊れた家を直すためのものだけでなく、不満を解消し新しい暮らしを生み出すための手段として考えるようになってきたようです。

以前、工事させて頂いたお客様の要望は、『2階にある子供室を1階の居間の真ん中に作り直してほしい』でした。事故で若くして娘さんを亡くされて、3年間奥様は塞込んでいたそうで、2階に離れている娘さんの部屋を、いつも一緒に居られるようにとの想いでリフォームされました。痛んだ場所を直すだけでなく、新しい暮らしを生み出すリフォームは素敵だと思っています。

posted by (株)高橋建築事務所 at 00:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | リフォーム計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅性能の目安は

リフォームの動機にはいろいろあるとは思いますが、
(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター調べでは以下のようになっているそうです。

1 もっと快適に 45.9%
2 住宅が古い 30.8%
3 設備が古い 29.7%
4 家族構成の変化 15.8%
5 高齢者対応 15.0%
6 間取りがよくない 14.7%
7 住宅が狭い 9.0%
8 構造的な補強が必要 8.3%
9 その他 6.4%
※(複数回答)

全国的な調査ですから地域性は出ていませんが、札幌を限定すると 
住宅が寒いがランクインすると思います。

現在お住まいの自宅の性能が、どのレベルかご存知ですが?
リフォームを想定して大別すると「耐震性能」 「断熱性能」 「高齢化対応」
多くの方は想像がつかないと思います。

近年に新築した住宅なら「住宅の品質確保の促進等に関する法律」による住宅性能表示制度が、平成12年10月から運用が開始されていますから、知っている方もいらっしゃるとは思いますが、まだリフォームの必要性はないですね。

《 札幌で建築年代別に想定される性能 》

@耐震性能
耐震性能は建築基準法の改定が行われた時期から推測すると
  
昭和56年5月以前の住宅は耐震改修の必要性が高い(北海道では40%位該当します)

昭和56年〜平成12年の住宅は新耐震基準が適用されてますので、一応安心レベルですが、耐震診断をお薦めします。(北海道では50%位該当します)

平成12年以降の住宅は大丈夫です。


A断熱性能
断熱性能は(旧)住宅金融公庫の利用率が全国と比べて札幌は極めて高く、断熱割増しを低金利で多くの方が利用していた状況で推測

昭和54年以前の住宅は窓が 木+アルミサッシ(シングルガラス)
(性能表示基準では等級1

昭和55年〜平成3年の住宅は窓がアルミサッシ2重又は樹脂サッシ(ペアガラス)
(性能表示基準では等級2

平成4年〜平成10年の住宅の窓が樹脂サッシ(ペアガラス)又は(高断熱ペアガラス)
(性能表示基準では等級3

平成11年以降の住宅の窓が樹脂サッシ(高断熱ペアガラス)
(性能表示基準では等級4

年代により断熱材の厚みも違いますが、床下や壁の中・天井裏を確認するのは難しいので、窓を参考にしてください。


B高齢者対応
断熱性能は(旧)住宅金融公庫の高齢者対応工事割増し時期から推測

平成3年以前は階段に手すり設置程度

平成4年〜平成12年は階段手すり・浴室手すり(1ヵ所)・廊下など将来の為に下地だけ取付

平成13年以降は室内の段差が無く、バリアフリーが定着


お住まいの住宅性能を把握・調査した上でリフォームプランを検討してください。リフォームの動機としては低いですが、命を守る耐震リフォーム外壁リフォームと同時に施工されることをお薦めします。

posted by (株)高橋建築事務所 at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

用途地域を調べる

増築を計画する際の注意事項は

@10u(6畳間程度)を超える場合は建築確認申請が必要です。
  但し、防火・準防火地域の場合は1uでも必要です

A建ぺい率・容積率を満たしているか。(用途地域によって異なる)

B高さ制限を満たしているか。(用途地域によって異なる)

C採光・換気面積は満たしているか。(用途地域によって異なる)
他に構造、内装制限、防火基準などいろいろ法的制限があります。
詳しくは専門家に相談されると思いますが、詳しくお知りになりたい方はhttp://www.refonet.jp/csm/info/law.htmlを参考にしてください。

自分が住んでいる所の用途地域はご存知ですか?
多くの人は知らないと思いますし、日常生活にはあまり関係ありません。
札幌市のHPに自分で手軽に調べれるサイトがあります。
札幌市都市計画情報提供サイトhttp://www.city.sapporo.jp/keikaku/web-gis/
自分の家を地図で探すと、用途地域や防火市域など簡単に調べることが出来ます。

専門的な話になりますが、建築基準法第22条区域とは
正確には『建築基準法(昭和25 年5 月24 日 法律第201 号)第22 条第1 項の指定の区域』
建築物の屋根や外壁に一定の防火性能を確保させ、市街地の建築物の火災による延焼等の防止を図る区域です。札幌市では都市計画区域全域を指定して市街地の不燃化を図ってます。

自分の家が防火又は準防火地域に指定されていなくても、札幌市内は全て法第22区域となってますので、屋根や外壁等は技術的基準に適合するもので施工してください。

タグ:外壁
posted by (株)高橋建築事務所 at 15:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リフォーム成功の秘訣

テレビや冷蔵庫などの家電商品や自動車を購入する時は、実物を見に行って触って商品説明を聞いて、用途や予算によって他メーカーの商品と比較して選んでいる方が多いと思います。

ところがリフォームの時にユニットバスやキッチン等の実物を展示してある住設メーカーなどのショールームの利用率は低いようです。

理由は、
・予約や紹介が無くても入れるのか?

・初めて行くので入りづらい(敷居が高い)

・いろいろ商品を進められ予算オーバーするのではないか

・カタログと業者さんの説明で納得しているから

・ショールームが有ることに気がつかなかった(知らなかった)

等考えられますが、騙されたと思って行ってみてください。
予約や紹介がなくても大丈夫ですし、リフォームの予定があれば、具体的にプランや見積り(定価)も無料でしてくれます。実物を見てサイズや色、使い勝手や機能を確めて納得した商品選びでリフォームを楽しんでください。ショールーム一覧 

以前、お客様と設計プランをメールでやり取りしていた時に、お客様が表計算ソフトExcelを上手に使い図面を描いてました。結構大変だったと言ってましたが、簡単にイメージが描けて無料でダウンロード出来るマイホーム設計 というソフトがあります。興味のある方は使ってみてください。

リフォーム成功の秘訣は、家族でプランしたり商品選びをしたりして、大いに楽しむことだと思います。

posted by (株)高橋建築事務所 at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする