木造の耐震診断無料化 新年度 改修費補助も倍増

2016.03.05 北海道新聞の記事です

札幌市は、2016年度から老朽化した市内の木造住宅の耐震診断をこれまでの9割補助から無料化する。市内での耐震化率が目標に達しないため、改修を加速させる狙い。木造住宅の耐震改修にかかる費用の補助も、限度額を40万円から80万円に倍増させる。

 対象は1981年5月31日以前に建てられた木造の一戸建てや長屋、共同住宅。これらの建物の耐震診断は通常、数万円の費用が必要とされる。耐震診断を無料にすることに加え、これまでの補助の限度額4万円も撤廃する。市民や企業などから依頼があれば、市が委託する耐震診断員を派遣する。道建設部は「限度額のない耐震診断の無料化は道内で初めてではないか」という。

 耐震改修費用への補助率もこれまでの23%から3分の1へと引き上げ、限度額も80万円に増やす。市は16年度、耐震診断で百数十件、改修費用補助で十数件をそれぞれ見込んでいる。5月に受け付けを始める。

 市は08〜15年度の耐震改修促進計画で市内の建築物の耐震化率を90%とする目標を掲げていた。ただ、木造の一戸建ての耐震化率は15年度で、他の建物の種別と比べて最も低い81%にとどまった。
posted by (株)高橋建築事務所 at 08:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 耐震補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434586364
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック